About

*

【1049号】大垣共立銀行が示す銀行の新しいビジネスモデルとは?

bank

◎本日のニュース

1)見出し
You Know What Banks Need? Slot Machines, Miniskirts and Chocolate

 

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。(もちろん無料です。)

2)要約
大垣共立銀行は、OKBビジネス戦略を進めている。これは、融資先など提携企業の新規事業・新商品に、銀行名を略した「OKB」を付けることにより、地元経済を活性化させることである。その結果、融資機会・預金額も増えることになる。

このような戦略を採用する背景には、超低金利政策がある。これにより、従来の銀行業務の収益性は大きく低下した。また、高齢化・企業の融資離れも、従来モデルにとっては逆風となる。

3)キーとなる英文
Entrepreneur Takashi Tsuchiya is eager to talk of new ventures he has launched under his “OKB” brand. There’s the OKB blueberry jam, the OKB chocolates, an OKB art gallery.
4)キーとなる英文の和訳
起業家の土屋嶢は、自社の「OKBブランド」で始めた新事業について話すのが好きである。
その中には、OKBブルベリージャム、OKBチョコレートや、OKB絵画ギャラリーがある。

5)気になる単語・表現
drudgery 名詞 (単調で嫌な)つまらぬ仕事
branch out 自動詞句 枝を広げる
era 名詞 一時期
plaster 他動詞 ~をベタベタ貼る
giggle 自動詞 クスクス笑う
instinct 名詞 生まれながらの才能
signature 名詞 署名、調印
infertility 名詞 不妊
plastic surgery 名詞 形成外科
spark 名詞 活気

(特に覚えておきたい単語)
【branch out into】
(事業・人が)~に活動範囲を広げる
【コメント】
今回の記事では、企業の新規事業への進出の表現で使用されていました。

6)ビジネスのヒント
大垣共立銀行と言えば、顧客サービスに秀でた銀行として有名。確か、テレビ東京系列のカンブリア宮殿でも取り上げられたと記憶しています。その大垣共立銀行が、OKBブランド戦略を進めています。

OKBブランド戦略とは、融資先など地元提携企業の新規事業・新商品に、銀行名を略した「OKB(Ogaki Kyoritsu Bank)」ブランドを付けることで、地元経済を活性化させようというもの。もちろんその先には、融資機会・預金金額を増やして、自社の収益を伸ばそうという目的があります。

このビジネスモデルをまとめると、次のようになります
【大垣共立銀行のビジネスモデル】
1. 融資先にOKBブランドの新規事業・新商品を提案して、融資を増やす
2. 地元でのOKBブランドの露出拡大により、ブランドロイヤルティを高めて、ファンを増やす
3. 新規事業・新商品を通して、地元経済を活性化させ、自社の収益を拡大する

2を補足説明すると、OKBブランドを冠した商品が地元で増え、ブランドとの接触機会が増加します。これにより、OKBブランド・大垣共立銀行への愛着が湧きやすくなり、ブランドロイヤルティ・ファンの拡大が期待できるのです。

OKBブランド戦略が生まれた背景は次の通り。

【OKBブランド戦略が生まれた背景】
1. 超低金利政策により、従来の銀行業務での収益性が大きく低下したから
2. 銀行をサービス企業と位置付け、競合する銀行と差別化するため
3. 高齢化や企業の融資姿勢消極化により、融資・預金獲得機会が減ったから
4. 規制上、銀行は他の事業を行えないから

2以外は他の銀行にも当てはまる外部要因。1・3は、従来の銀行ビジネスが儲からなくなったから。その要因は、超低金利政策と人口動態・企業姿勢であり、銀行としてはこの環境変化に対応せざるを得ません。4は、規制上の問題。つまり、銀行は他の事業を行えないルールにより、大垣共立銀行は提携するしかなかったのです。ただし、ただ提携するだけではなく、自社ブランド・OKBを付けることにより、顧客獲得を目指した点は、注目に値します。

2は、従来から採用する大垣共立銀行の戦略です。つまり、銀行を規制ビジネスではなく、一般のサービス業と位置付けたのです。だからこそ、後で述べる利便性や楽しさを追求したATMが生まれたのです。この位置付けにより、他の銀行との差別化を行っています。

外部要因は他の銀行も同じはず。他の銀行の施策をまとめると、次のようになります。

【他の銀行の施策】
1. メガバンク→成長が期待できる海外に進出
2. 中小銀行→高齢者の獲得・囲い込み

1について、成熟した日本ではなく、成長が期待できる海外に進出するのはメガバンクのやり方。これは、資金力に劣る中小銀行にはできない施策です。その中小銀行は、2のように高齢者の囲い込みを行っています。記事には書かれていませんでしたが、高齢者は比較的資産を持ち、また定期的な年金収入が見込める優良顧客だからでしょう。具体的なやり方は、運転免許書の返上を証明できれば、特別金利を提供するというもの。これにより、収益寄与の高い高齢者の獲得を目指しています。

高齢化・人口減少に悩むのは銀行業界だけではありません。実は、他の業界でも、成熟した日本で収益を獲得するために、新規事業に進出している企業は多いのです。例えば、富士通は、セミコンダクター向上でレタスの栽培をしています。このように、OKBブランド戦略は、銀行業界では目立つものの、他の業界では普通のことでもあるのです。

【OKBブランド戦略の具体例】
1. OKBブランドのチョコレートの開発・販売
2. OKBブランドのブルーベリージャムの開発・販売
3. OKBブランドの米の栽培・販売
4. OKB45という従業員から成る女性ユニットを作り、宣伝に活用
5. OKB3というモデルトリオを作り、宣伝に活用
6. OKBブランド食材を使った、OKBブランドの懐石メニューの開発・提供

面白いのは、4のOKB45。この発想の元には、アイドルユニット・AKB48があります。ただし、OKBブランドはAKB48よりも先に生まれたものであり、AKB人気にあやかったもの。このセンスは、他の銀行ではほぼ見られないもので、OKBブランド戦略を主導する土屋頭取の生まれながらの才能でしょうか。土屋頭取は、カラオケの曲を作詞したことがある日本で唯一の頭取。かなり多才な人のようです。

OKBブランド戦略の前にも、銀行のサービスを向上させ、銀行を楽しい場所にするために、いろいろなサービスを提供しています。

【大垣共立銀行のその他施策】
(利便性の向上)手のひらATMを開発し、手ぶらで預金引き出し・預け入れを可能にした
(顧客ニーズへの対応)離婚・不妊・形成外科など、女性向け特殊ローンを提供
(楽しさ追求)ATMでスロットマシーンなどの現金が当たるゲームを提供

このような施策の結果、大垣共立銀行は、過去10年で市場シェアを拡大させ、過去2年で純利益を増加させています。

【注目点】
1. 銀行もブランドで選ばれる時代?
2. 楽しさ・機能拡充の重要性拡大

1について、立地で選ばれることの多い銀行ですが、今ではブランドも選択要素になっているのではないでしょうか。だからこそ、大垣共立銀行はOKBブランド戦略を推進しているのでしょう。数えたわけではありませんが、感覚的にブランド訴求する銀行のCM・宣伝が増えたようにも思います。

2について、そのブランドを作り上げるのが、楽しさと商品の機能性。利便性は機能性に含まれます。楽しさだけでは不十分であり、機能性だけでは味気ない。これらが両立するからこそ、ブランドが確立されるのではないでしょうか。ユニクロが好例でしょうか。

銀行の域にとどまらない大垣共立銀行は、成熟した日本で生き残るためのヒントを提供してくれます。

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1. 大垣共立銀行は、OKBブランド戦略により、融資拡大・ロイヤルティ向上・地元経済活性化を目指す。経済が活性化すれば、融資機会が増えることになる。
2. OKBブランド戦略が生まれた背景には、超低金利政策や高齢化・企業の融資獲得消極化がある。銀行は他事業を行えないので、提携先にOKBブランドを提供するようになった。また、大垣共立銀行のDNAである、サービス業としての差別化も、OKBブランド戦略に影響している。
3. 具体的には、銀行名を略したOKBを提携先の新規事業・新商品に付与することにより、OKBブランドとの接触機会を増やすことである。また、地元経済が活性化することも、大垣共立銀行にとってのメリットは大きい。
4. 従来からも、楽しさ・利便性・顧客層拡大を追求するため、現金が当たるゲームを提供するATMや、手のひらATM、女性向け特殊ローンなどを提供している。
5. OKBブランド戦略は、銀行もブランドで選ばれる時代を象徴していると言えないか。また、利便性の先の機能性や楽しさは、ブランド確立のための重要性が増している。
*************************

大垣共立銀行の会社研究 2017年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)
by カエレバ

 

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス
◎最近見つけた気になるもの
年末はふるさと納税を幾つかしたのですが、この御礼品はかなりお得と思いませんか?

鹿児島県日置市 本格焼酎ふるさと鹿児島限定セット 小正醸造

なんと900mlの芋焼酎が6本も入っているのです。
これが1万円の寄付でもらえます。(もちろん、税額控除されるので、ある程度所得のある人ならば、2000円の負担になります。)
ふるさと納税の芋焼酎を、他の自治体でも調べましたが、1万円で1.8mlX3本が最高。この小正醸造のセットは、900mlながら総量は同じです。900mlの分だけ、注ぎやすいという利点もあります。

まだ飲んでいませんが、かなり楽しみです。

ちなみに、小正醸造の鹿児島県限定焼酎は、楽天市場でも販売されています。

7000円ほどなので、7割の還元になりますね。
スゴイコスパです。

編集後記
年末にふるさと納税をした泉佐野市に問い合わせたところ、受理はしているとのことでした。
だいぶ混んでいるようで、証明書到着までもう少し掛かりそうです。
それにしても、年明け前後のふるさとチョイスの混み様は異常でした。
それだけ、ふるさと納税が広まったということでしょうか。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

 

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
———————————————————————-
■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.ryotarotakao.com/
■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→ tryotaro1975@aol.com
■公式サイト: ryotarotakao.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ad

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

ad

PAGE TOP ↑